初めてのOpenStackリポジトリ追加

これは、 OpenStack Advent Calendar 2016 のエントリです。

先日、OpenStack に新たなリポジトリを追加したので、そのときに感じたことや経験を共有してみたいと思います。

ナニを追加したのか?

Coverage.py によって生成される、単体テストなどの coverage データを、データベースに時系列な データとして保持するための小さなツールです。最終的には、 openstack-health と連携して、 単体テストの coverage 推移を表示したいと考えてます。もちろん、

「カバレッジ100%だったら品質が良いわけじゃないよね?」

という話はあります。しかし、少なくとも、カバレッジ率が意図せず下落傾向な場合は、問題がある可能性があり、 それを知ることができるというのが重要と考えています。

このような性質のコンポーネントのため、独立したプロジェクトではなく、 Quality Assurance プログラム配下のリポジトリとして追加しました。このようなリポジトリを追加することはなかなか無いこととは 思いますが、新しいリポジトリを追加した経験は、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないと思い、共有します。

なお、似たようなツールとして subunit2sql と言うものがあるのですが、それにインスパイアされて作りました ...

View comments.

more ...

OpenStack-Health updates

本日、OpenStack-Health のパッチをいくつかApproveしました。

これは、グラフ描画用のJavascriptライブラリ(ユーティリティ)です。今までは、nvd3 という d3js を 使いやすくしたJavascriptライブラリを使用していましたが、パフォーマンスと細かなバグに悩まされることも多く、 独自実装に切り替えようとしています。(d3js は引き続き使っています。)

まだ、全てのグラフを置き換えられたわけではありませんし、荒削りな部分が多々ありますが、良い方向に進んでいる と思います。

まぁ、最悪、クリティカルなバグがあったとしても、パッチをrevertすれば良いので、 恐る恐る進む必要もなく、むしろ、現時点では、リスクを恐れて前に進まないほうが問題と判断しました。

現時点での課題は...

  • unit testが無い
  • グラフが二重描画されることがある -> ブラウザリサイズ/リロードでなおる ...

View comments.

more ...

チーム解散?!

追記

以下は、あくまで私が所属しているチーム(OpenStack, OSSをアップストリームで開発)についてのみ言及しています。 それ以外のHelion開発その他については言及していません。誤解のなきよう。

オリジナル

oss-programmer-part2 にて:

(でも、時にはパフォーマンスに関係なくバッサリクビを斬られることがわかりました。。
が、それはまた別途書きたいと思います。)

と書きました。が、それについて書きたいと思います。

連投になってしまって申し訳ないです。もう少し気を静めてから書こうかとも思ったのですが、 今の気持ちも含めて記録しておきたいなと思い。

まずは、関連Tweetをいくつか。

View comments.

more ...

あなたの知らないOSSプログラマの世界 - part 2

oss-programmer-part1 の続き

前回:

次回は仕事内容、コミュニケーションの様子などを書きたいと思います。

と、書いておいてしばらく経ってしまいました。 気になってる人がいないとも限らないので、書いてみたいと思います。

コミュニケーションの様子

HPEは外資系の会社なので、社内のシステムやメールなどは英語が主ですが、日本にいる社員の大半は日本人なので、 日本オフィスは、日本語が共通語になっているようです。

ただし、私の仕事内容はOpenStackというオープンソースのクラウド基盤ソフトウェアを、コミュニティの中で開発 することです。また、会社のチームはインターナショナルチームなのでチームメンバー・上司が英語が母国語の 人たちが大多数で共通語は英語という状況。そのため、英語が必須な状況ですが、10ヶ月近く経った今も、 英語スキルは以前とあまり変わりがありません orz...

もちろん「前から英語ができてた」わけではなく「今もあまりできません」という有様です。 気心知れた人との1対1での会話ならなんとかなります(「あ、こいつ英語苦手なんだね」と相手がある程度手加減 してくれることが多いのです)が、ネイティブあるいはそれに近い同士が議論をし始めると、なかなか入っていけません。

また、もともと人見知り(!)でコミュニケーションは苦手な部分があるので、なかなか会話に入っていけません。 それでも、どうにかなってるのは、テキストでの会話(IRC, E-mail ...

View comments.

more ...

あなたの知らないOSSプログラマの世界 - part 1

概要

 「OSS」も「プログラマ」も知っている方が多いと思いますが、それを専門にやっている人のことは知らない人が 多いかなと思い、こんなブログを書いてみました。

想定読者

  • オープンソース開発で飯食っていけるの!?と思っている人
  • なんとなく、OSSとかプログラマに興味がある
  • 「外資系」ってどういうところなのか知りたい

結論

  • 技術力だけじゃない
  • 40歳でも(転職)初体験できる
  • 英語大事

自己紹介

 現在Hewlett Packard Enterprise/日本ヒューレット・パッカード所属です。OpenStack開発者で、 主にQAを担当しています。日本で作業していますが、日本人は私一人です。他のメンバーは全て海外にいます。 (正確な人数は把握してませんが、多分2-30人弱くらいかと思います。)

 インターナショナルで分散チームで、大半は、アメリカ・欧州・オーストラリアにいて、アジア人は中国人1名と 私の合計2名です。チームの中にマネージャが数名おり、1マネージャあたり、数名を管理するような体制です。 なお、私のマネージャはオーストラリアに在住していますが、私は英語はそれほどしゃべれません。TOEIC最高点は (ほぼマグレで)800点でした ...

View comments.

more ...